SANO Kyoko | WORKS | ガラスと音

ガラスと音


ガラスという素材は、聴覚を刺激する素材でもあります。        
例えば、乾杯などでグラスとグラスがぶつかった時、風で風鈴が揺れた時
ガラスが割れた時。生活の中でも、たくさんのガラスの音を聞ています。
限られた音階の中で無限の音楽が生まれてきたように、単純な形や色の組合
 せ、れやバランスという視覚的要素でガラスの音の表現を試みた作品です。

playing children_全体.jpg



playing_children_スイカ.jpgplaying_children_噴水.jpgplaying_children_コマ02.jpg
playing_children_ライス.jpgplaying_children_ブランコ.jpgplaying_children_円.jpg
playing_children_前に丸.jpgplaying_children_後ろ矢印.jpgplaying_children_ハンモック.jpg
playing_children_コンパス.jpgplying_children_シーソー.jpg白四角.jpg

「Playing Children」

2009 ガラス / タイマー / ソレノイド W500×H230×D40cm


11点のうちの5点の展示棚の内部に、タイマー制御によって上下運動をする装置(ソレノイド)
付け、時間差でガラスを実際に突くことによって揺れ動く、という作品です。       


harmonics.jpg

「 Harmonics 」

2008 ガラス W180×H90×D15cm


見る人に触れてもらうことで、ガラスとガラスがかすかに触れ合い、音が生まれます。


空気のサーフィン02.jpg

「 空気のサーフィン 」

2010 ガラス W18×H30×D10cm

?sanokyoko!手描き_02.psd




news_gray.psd


yajirushi.psdworks.psd

スペース_縦長.jpg空気のしわざ_日本語小見出し.psd
スペース_縦長.jpg空気をまとう_日本語小見出し.psd
スペース_縦長.jpgパフォーマンス_日本語小見出し.psd
チェックマーク太.jpgガラスと音_日本語小見出し.psd
スペース_縦長.jpg水中バランス_日本語小見出し.psd


archive_gray.psd


about_gray.psd


words_gray.psd


contact_gray.psd